『ガッチャマン』(映画)

新宿ピカデリーにて。

謎のウイルスに感染して強力な力を得た者たち・ギャラクターに襲われ、人類は窮地に。通常兵器の効かない彼らに対抗できるのは、“石”の力に適合した者たち・ガッチャマンだけだった。

予告編を見た時に「ハリウッドのアメコミ映画化を取り違えて、やっちゃったぽいなあ」と思い、いつかビデオででもと思ってたんだけど、知人が、あまりにひどいと言い、「あの出来になるなんて、惑星直列レベル」とまで言い、そこまで言われると、逆に観たくなる!(笑)ってわけで、観に行ってみた。

ちなみに、その知人は、「観てもないのにディスってる人が多すぎる。せめて観てからディスれ」とも。確かに。自分も気を付けよ。

果たして、映画の感想はとういうと、予告編で感じた香りの通り、かつ、知人に完全同意(苦笑)。前者な部分にハマってしまっておかしくなるのは、まだわかるんだけど、後者の惑星直列レベルは、どうしてやっちゃったんだろうね。制作陣、誰か、何か、言わなかったんだろうか。

その上、映像、全てがちゃちい。衣装も、メカも、セットも、CGも。あえて戦隊モノ的な雰囲気を出そうとしたのかな。そう思いたい。

なかなかスゴイものを観た。腹抱えて笑えた。ある意味、満足。

 

※以下、内容に触れます。

 

ツッコミどころ満載だけど、最後の科学忍法・火の鳥にトドメを刺すでしょ。技でも、武器でも、機転でも、なんでもないじゃん!事故って火にくるまれただけじゃん!要はダメダメな状況じゃん!科学忍法じゃねーーーーーー!!!!!手足バタバタさせて爆笑しちゃった。この爆笑のおかげでスッキリ爽快な気分で映画館を出られた。ナイスだ。

クレジット後に続編への振りがあったけど、大コケだから無いだろうね。既に制作済みだったりして。制作スタッフは、あの振り、見てらんないだろうなあ。。。

 

**ただ今のBGM:Wilco『Sky Blue Sky』

カテゴリー: cinema, days | タグ: , , | コメントする

『エリジウム』

丸の内ピカデリーにて。

生活環境が悪化した地球。超富裕層のみが宇宙に浮かぶ人工コロニーで病気も老いも無く暮らしていた。劣悪な環境と過酷な労働に耐えながら生きる犯罪歴のあるマックスだが、仕事中に事故に遭い…。

重いなあ。その割に、エンタメなんだか文明批評なんだかメッセージ映画なんだか、中途半端かなあ。でも、スゲエなとも思ったり。

 

 

※以下、内容に触れます。

 

 

主人公が、なんだかよくわかんない。強いんだか弱いんだか、何ができるんだかできないんだか、裏なんだか表なんだか、etc。そんなわかりやすいヒーロー、ヒールじゃなくて、等身大の人間像ってことなのかもしんないけど、超富裕層に犯罪しかけるようなやつらとコネクションとかあるんだから、普通なわけねーだろ。足洗ったから、そこら一般の等身大の悩み持つ人間ですし、特に強くも得意技もありませんって、そんで、宇宙まで乗り込まれてもねえ。だから、最後の自己犠牲に感動もしないし、ああ、そういう設定だったねって感じ。

ラストで言えば、予告かチラシかで、待ち受ける運命がどうこう書いてあって、どんな驚きが待ってるのかと思ったら、ありがちな自己犠牲とは。。。

それにしても、救いが無い映画だ。主人公が死を賭して勝ち得た結末だが、誰も幸せになる画が、僕には思い浮かばない。しいて言えば、子供の病気が治った主人公の幼なじみ親子ぐらいか。と言っても、あの瞬間ぐらいだ。エリジウムが万人に開かれたからといって、出張サービスも含めてキャパなんてしれてる。そのキャパを争う争いが目に見える。それになにより、人工増加こそ、エリジウムが宇宙に浮かぶ端緒なのに、病気を治して回り始めるんだから、人類の問題は解決されるどころか(この意味での問題は)悪化するのだ。矛盾。これを監督はやりたかったのかな。主人公が英雄的行為で達成する民衆の幸福!

「そんなもんじゃねーよ」。「で、お前、未来をどうする?」

って。

最後に、ジョディ・フォスター、なんだったんだ(笑)。

**ただ今のBGM:The Jesus & Mary Chain『Stoned And Dethroned』

カテゴリー: cinema, days | タグ: , , | コメントする

『キャプテンハーロック』(映画)(2D版)

丸の内東映にて。

宇宙に進出した人間たち。一方で政府によって、地球は聖地とされて立ち入りが禁止されていた。そんな世の中で、100年にわたり、政府に従わず、我が道を行く海賊・キャプテンハーロックがいた。

最後まで、がんばって観ました。

ちなみに、実写ではありません。

CGはスゴイです。

 以上!

カテゴリー: cinema, days | タグ: , | コメントする

『パシフィック・リム』(3D版)

ユナイテッド・シネマ豊洲にて。

昨日2D版を観て、「3D版も観たい!」と思い、昨日の今日で観てきた。

コレ、絶対3D版が良い!!!

ただ、昨日2D版を観て話がわかってるから、字幕を追わなくて済むんで、映像&音に集中できたってのがあるかもしれないけどね。でも、それを差し引いても、3D版の方が楽しいって。

昨日の劇場より、音が大きく、低音の振動もバリバリで、これまた効いたーーー!

IMAX版を観なかったのが悔やまれるぅぅぅ。

 

**ただ今のBGM:Blur『PARKLIFE』

カテゴリー: cinema, days | タグ: , , | コメントする

『風立ちぬ』(映画)

TOHOシネマズスカラ座にて

堀越二郎は子供の頃から飛行機の設計に憧れていた。その想いは途切れることなく…。

スゲエ。

素直に、この一言しか出てこない。観終えてしばらく立てないほど胸が一杯になった。ドラマがどうとか、キャラがどうとか、語るのは、もはや野暮ってものでしょう。

『もののけ姫』で?となって、『千と千尋』で決定的に生理的にダメだとなって、以降、ジブリは観てこなかった。あれ以来に観た宮崎駿作品だけど、素直に脱帽です。

野暮って書いておきながら一つだけ。絵で夢を見せるのがアニメだって当たり前のことを思い出した。

**ただ今のBGM:Cassandra Wilson『Silver Pony』

カテゴリー: cinema, days | タグ: , | コメントする

『ローン・レンジャー』

丸の内ピカデリー2にて。

故郷を離れ、町で学んだジョンは、大陸横断鉄道敷設中で兄がレンジャーを務める故郷へ、新任検事として赴任・帰郷する車中にいた。同じ列車には、極悪犯の死刑囚と謎の先住民が連行されており…。

長い。。。たるい。。。飽きる。。。

てなわけで、最後の30分だけ見れば十分ですな。でも、その30分?20分?は楽しい!

真ん中は、なんですかねえ、ネズミーランド様流の、ネイティブ・アメリカンへの贖罪(のつもり)?歴史教育・啓蒙(のつもり)? 「死者の書」を商標登録出願するような会社だもの、その本心なんか、たかが知れてるけどな。

**ただ今のBGM:Cassandra Wilson『Silver Pony』

カテゴリー: cinema, days | タグ: , , | 2件のコメント

『パシフィック・リム』(2D版)

丸の内ピカデリー3にて。

海溝の裂け目が次元を超える通り道となり、その道を通って怪獣たちが現れ、人類を襲う。全世界が協力し、怪獣に対抗する巨大ロボットを開発。はじめは怪獣退治に成功するが…。

おもしろかったっーーー!!! 上記の内容紹介でわかる通り、ドラマなんか期待しちゃいけません。もーね、バカバカしくてね、手叩き足バタバタさせ喜んでしまった、子供みたいに。そう、『ウルトラマン』を見て大興奮していた頃に戻ったよ。ハリウッド予算の映像で巨大ロボットが巨大怪獣と戦うんだよ。興奮しないわけなあーーーいっ!!!

なんでロボットって、あんなにアガるんだろね(男だけかな)。出撃前の、あのキュイーーーンってやつ、もうウキャーーー!!!ですわ。

なんでハリウッドの怪獣ってトカゲっぽくなるんだろうね。あれが、もっと“怪獣”だったら、なおアガったのに。

こんなのをハリウッドで撮っちゃうデル・トロ、スゴイなあ。アメリカではコケたみたいだけど。。。だとすると、続編はナシかあ。巨大ロボ、また見たいけどなあ。

最後に。操縦者のスーツしかり、接続して操縦する巨大ロボしかり、『GANTZ』大阪編まんまですな。そして、シンクロはエヴァか。

 

**ただ今のBGM:Ozric Tentacles『Swirly Termination』

カテゴリー: cinema, days | タグ: , , | 2件のコメント

遊びまくり

昨日は神社参り、今日はライブ、明日はお台場でバーベキュー。こう書いてみると、スゲー遊んでるみたいだなー。毎日、何やってんだろ。

 

**ただ今のBGM:Tizenkettö『Gábor Presser』

カテゴリー: days | コメントする

『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』

丸の内ルーブルにて。

マンガ原作アニメの劇場版。未来に飛ばされた主人公の銀さん。そこは荒廃した世界であった。そして、未来の自分は死んだとされ、まつわる人々の絆は失われていた。その元凶を探っていくうちに…。

良く出来てる。つーか、なにより、おもしろいよ。ただ、原作マンガやそのアニメを知らない人には、その面白さは半減だろうけど。でも、それはどんなTVものでもそんなもんだもんね。

原作者の力は段違いだ。まざまざと見せつけられたと思う。マンガなり小説なり、原作をアニメやドラマにするのも、力のいることだけど、二次創作が行われるような原作を創り出せてしまう力は、抜けているな。

そんな原作を、もう1回観たい・確認したいと思わせるシーンやキャラの使い方を入れつつ仕立て上げた制作陣、上手いなあ(金の巻き上げ方が?・笑)。

なんにせよ、いろいろ良く出来てる。

 

**ただ今のBGM:Donald Fagen『The Nightfly』

カテゴリー: cinema, days | タグ: , , | コメントする

『ブルー・アンブレラ』

新宿バルト9にて。『モンスターズ・ユニバーシティ』と併映。

『モンスターズ・ユニバーシティ』の前に上映された5分ほどの短編。だけど、こっちの方が印象深かったかも。傘の恋物語。

着眼と想像力。

「あの雲、パンみたいー。」そんな無邪気な眼、持ち続けたい。

そして、やっぱり話はシンプルで構わないのだ。

ラストは、え?とは思ったけど、あったかな気持ちが受け入れさせてしまうね。

 

**ただ今のBGM:a-ha『Headlines And Deadlines: The Hits of A-HA』
そういや、明日はサマソニか。何年か前に、日本での解散前最後のステージをサマソニで観たなあ。

カテゴリー: cinema, days | タグ: , , | コメントする